こんにちは(^ν^)スーパーの店員です。

最近になってもう1◯年も前に卒業した大学の学生寮を思い出します。初めて見た時はここに人住んでんの?と思った物です。何せ外観から明らかに窓割れた所にダンボール貼ってあるわ、植物のつるが全体を覆ってるわ、建物は築4◯年物で相部屋だったし。まさに昭和の生き残りみたいな寮でした。ですが住んでみるとなんて事ない。全然普通に住めます。住めば都です。
たまたま写真持ってました。まあー凄い外観だ。

なぜ最近思い出すかというと、この寮はほとんどの物がシェアされる事によって生活コストが非常に安かったのです。

例えば家賃は水、光熱費込みで8000〜1万円でした。会計のひと曰くこれでもお釣りが来てたらしいですから驚きです。200人でシェアすればこうなる訳です。

それに比べて今住んでる一軒家はどうですか?オール電化の電気代だけで15000円はかかりますよ。それにローンとか乗っかるし。何て高コストなんだろう。と最近思うのです。でもこれが当たり前と思わされて来た上の世代の方は何とも思わないでしょうし、こんな事周りの人がに言っても理解されないかも。

寮でシェアされていた物。
風呂、トイレ、キッチン、調理器具、調味料、冷蔵庫、洗濯機、レンジ、あと遊び場としてゲーム機、麻雀、漫画などなど。良く漫画を他の階の人に借りて読んでたものです。

で思うのですが、滅多に使わないけど無いと不便な物ありませんか?例えばインパクトドライバーとか高価で手が出ないのですが、ちょっとした日曜大工やタイヤ交換にも使えてあれば便利です。草刈機も一家でもつにはそんなに使わないし買うには勿体無い。

そんな物を地域のコミュニティでシェアできたら生活はもっと豊かになるし、生活コストも下がると思うのです。あくまでも近所の人で何か眠ってる物で構わないのですが、そんな物を集めてシェアリングエコノミーできたらいいなと漠然と考えてます。