こんにちは (^^)/~~~ スーパーの店員です。

衆議院選挙は与党の大勝でしたが、立憲民主党よく頑張った❗️むしろ立憲民主党の大躍進は今後に繋がります。関係者の皆様お疲れ様でした。

今回の選挙で自民応援団から出てきた案件の1つに、就職率?求人倍率が安倍政権によって改善した。民主党時代はどうだったか、就活生の諸君、立憲民主党には絶対入れてはならない、といった議論があった。

選挙って対立する政党の粗探ししたり悪口言うのは常套手段だから別にいいんだけど、問題はアベノミクスで求人倍率がホントに改善してるのか?庶民の賃金はホントに上がってるのか?ってことだ。

私の素人目線からですが、企業は今空前の人手不足だ。これは団塊世代の大量退職時代が来てるからだ。つまりアベノミクスどうのこうのじゃなくて人口構成の動きによる自然の摂理だと思うのです。人いないんだから雇って育てるのは当然の事でしょ。

あと正社員→派遣社員に置き換えて賃金下がった分企業が儲かった話よく聞きますね。雇用が増えたと言ってるけど待遇はどうなったの?って検証見た事ないです。そこに全く触れないよね。ちょっと調べてみたら面白い画像ありました。



…やっぱり。実際の数字は正直ですね。消費税は増収してるのが驚きですがその分法人税カットされてて大企業は利益出し易くなってますね。

雇用に関しては正社員やっぱ減ってんじゃん❗️団塊(給料めちゃ高)→派遣社員 に置き換えればそりゃ企業は儲かりますな。2016年は大企業が過去最高益わんさか出したようですが肝心のトリクルダウンが無い… 大企業をいくら儲けさせたところで経営者層がさらに金持ちになるたけで下請けの中小企業の賃上げになってないと言うことがもうバレてます。

法人税を過去の水準まで持っていき、所得税をさらに累進性の強いものにし、消費税を減税する方がまともじゃないの?
何も年収200万円の世帯からこれ以上吸い上げなくてもいいでしょ。