こんにちは(^_^)スーパーの店員です。

あけましておめでとうございます。2018年がやってきました。スーパーの店員としてはやりたい事がたくさんあり、セミリタイアという目標も出来たので、それに向かって今から何が出来るか考えていきたい新たなスタートの年となります。

それにしても悲惨なブログを見つけました。

ブラック食品スーパーの元・社員ブログ


このブログ自体は去年の1月から更新されてないみたいですが、内容が濃くて面白い。他のブログもしやってましたら是非教えてほしいです。
詳しく読んでいくと全くヨーカドーっぽくはない❓それともヨーカドー❓ちょっと分かりませんが総合小売業っぽいです。そしてなかなかのブラックですね。よく辞めずに6年もやってたなと思います。

サー残、休日サービス出勤の強要、長時間いれば偉い体質、パワハラ、長時間労働… スーパーって本当にこんなんしか無いのでしょうか❓そしてこれがおかしいと思う事が何故少数派なのでしょうか❓

私の周りでも未だに朝から晩までいる人がヒーロー扱いされてるし、そんなんで若手が「ああなりたいなぁ🤔」と思うのでしょうか❓もしそうなら、このブラックスーパーのブログでも書いてあったように、若手はふるいにかけられていて、長時間労働、サービス労働に理解のある人が生き残り、出世していくのだ。

だからこそ合わないと感じたらすぐ辞めるのが正解なのだ。