こんにちは(^_^)スーパーの店員です。

冬季オリンピックがとても盛り上がってますね❗選手達が輝いて見えます。セミリタイアとか目指してる非リア充、コミュ障、低身長のスーパーの店員にはまぶし過ぎますね。

先日生鮮食品のバイヤーになった後輩と話したのですが、バイヤーの方が現場より数段楽という話でした。

私から見たバイヤーのイメージは、
①休みでも電話かかってくる、
②毎週数字の提出したり、反省、計画など毎週毎週提出物がある、
③モバイルパソコン持たされるので休みの日も自宅で話開いてメールチェックとかする、
④商品トラブルあったら何時なんどきでも対応、
などのマイナス面ばかり思い付く。

勿論プラス面もある。
基本商品の仕入れと計画をする仕事だから現場で商品出ししたり接客することが無い。(事件は会議室で起きてる方の人たちだ)
移動時間など適度に休憩できる。

生鮮バイヤーの後輩は、休みも現場時代より取れるようになり、専門性が高くなった分守備範囲が狭まり現場よりやること減ったとのことだった。「みんながバイヤーになりたいと思えるようなバイヤーになりたいですね。」とどや顔されてしまったがその通りですね。

出世するごとに楽になって給料上がるのならこぞって出世したがりますよね❓どちらかというと中学生のころ高校生に憧れるみたいな感覚だ。
でも今の社畜時代は出世しても責任ばかり重くなって給料もさほど上がらず、労働時間は増えるので時給換算するとほとんど同じといった構図だ。これ誰か出世したいとか思います❓

社畜のように働いている大人は、今の子供たちにほどう映っているのだろう。

こうなりたい、ああなりたいと思える大人になりたいですね。