こんにちは(^_^)スーパーの店員です。

IMG_3257

学生時代を昭和の生き残りのような寮で過ごしました。コミュ障な私にしては、強制的に仲間が出来る感じが居心地良かったです。どんなやつでも居場所がある、同じような価値観のやつがいる。学校や会社だとちょっとコミュ障だったり不細工だったりしたら居場所が無くなり隅に追いやられるでしょ?スクールカーストが低くなる。学生寮はそうならなかった。寧ろ「こんなやつもいるんだ❗」と、価値観を認められていた。

これって今流行りのダイバーシティとかいう考え方でないすか❓多様な人種、性別、性格を認め、それぞれに合った働き方をするというやつだ。

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価値観などの多様性を受け入れ、広く人材を活用することで生産性を高めようとするマネジメントについていう。
学校や会社といったコミュニティでは、皆なるべく同じって事が重要視され、勉強、スポーツ、音楽、コミュ力、言語、芸術、イケメン、可愛い、それぞれに特出した才能は脚光を浴びる。だが、マイノリティなオタク文化、二次元、デブやチビなど平均を逸脱した見た目の人は相手にされないか、気持ち悪い物扱いされていないだろうか❓今この瞬間もだ。

学生寮ではそんな多様な才能が受け入れられていた。邪険にすることなく。皆が自分の個性を伸び伸びと引き出していた。不細工だろうがコミュ障だろうが、同じ釜の飯を食べ、風呂に一緒に入れば、皆同じ人間だと言うことが分かるのだ。