こんにちは(^_^)スーパーの店員です。

何やら労働法の改正で労働者を守る法律ばかり出来ているそうです。

勿論、理不尽な理由で派遣切りされたなどあってはならない事だろうから本当に守らなければならない人を守る為には大歓迎だ。

つまり企業側は一度雇ったら辞めさせることはほぼ難しくなってきたということだ。スーパーの場合だと、商品の万引き、お金を盗んだら解雇です。それさえしなければ辞めさせられることはほぼ無いです。(セクハラもダメですけど。)

こうなるとアルバイト、パートは超調子に乗るでしょう。だって別に仕事出来ようが出来なかろうが職を失うリスクは無いし、時間から時間まで居れば給料もらえるんだし。

例えばお客様から苦情がきてしょうがない人。まともな接客が出来ない人がいたとします。店にマイナスな影響しか与えない人だけど物は盗ってないので解雇できません。

また、仕事がめちゃくちゃ遅くてミスばかりする人がいたとします。こんな人も物は盗ってないので解雇できません。

いかがでしょう。真面目にやるのが馬鹿馬鹿しくなってきませんか❓仕事出来ても出来なくても給料変わらないのなら出来ない人になって少ない仕事こなしてた方がよっぽど楽だ。出来ない人には仕事回ってこないんだし。

仕事の出来、不出来を計る物差しを設定し、それに基づいて細かく給料を決める。これができれば理想なんですがなかなか出来ないよね。

仕事の最低ライン(最低限ここまで出来る人)を決めて、それ以下の人は解雇か給料低くするとか、そんな風にしないと不公平だしみんな仕事しなくなると思います。そして社会全体がダメになっていくのではなかろうか❓そんな事を日本の片隅のスーパーマーケットからも危機感を募らせています。((( ;゚Д゚)))