こんにちは(^_^)スーパーの店員です。

非リア、陰キャ、コミュ障なスーパーの店員です。

最近隠れ非リアがいることに気付いてきました。

ネット検索したら「隠れリア充」はいるけど「隠れ非リア」はほとんどヒットしない。

「隠れ非リア」はその名の通り、一見リア充に見えるけど本当の中身は非リア。そもそも非リアの定義がオタクな趣味をもつ人か、彼女がいない人という定義らしい。

私もなかなかのゲーマーだし、漫画好きだしオタクな趣味はかなり好きな方だ。でも若いころリア充の真似をして別に興味も無いのにファッション雑誌を読んだりしていた。まさにこれが「隠れ非リア」ではないでしょうか。

ゲームが好きな人はぶれることなくトコトンやった方がいい。ゲームに限らず何でもだが。好きな事を徹底的にやってる人は、リア充、非リア関係無くカッコいい。

それがゲームなのかサッカーなのかはその人次第。そこに何の差があるのだろう?

非リアの定義が現代に合わなくなって来てると思う。

リア充=自分がやりたいことを満足にやれている。

非リア=やりたいことが見つからない、中途半端。

という定義だと個人的には思います。