こんにちは^_^ 祝日も仕事のスーパーの店員です。
 今回は添加物について調べた事を載せてみました。以下引用。

日本の食品添加物は2015年現在で1500種類を超え、ダントツで世界一の認可数を誇ります。
中でも石油から合成された添加物は350種類あり、世界の国々はというとアメリカは133種、ドイツは64種、フランス32種、イギリスは21種となり比較するとこちらもまたダントツの世界一です。
http://tenkabutsu.com/about より引用。
この数字見ただけで日本ってやばいと思いますが、もっと問題なのはこの数字を大半の人が知らないって事です。厚生労働省が認可してるから安全じゃないの?とか、ちゃんとした基準で検査してるから大丈夫。とか思ってるかもしれませんが、自分の身は自分で守るしかありません。
添加物の大半は体内に蓄積されていき、何年か経って体に異常がでてくると言われてますが、因果関係は証明できません。だったら安全なんじゃないの❓って言われそうですが、それを判断するのは人それぞれです。安全だと思うなら食べ続ければいいと思います。私はスーパーの店員なので大量に加工食品を販売してますが、自分は人工甘味料などは避けるようにしてます。特に缶コーヒーとか清涼飲料水はほとんど飲まないです。飲み物はブラックコーヒーかお茶ですね。なるべくなら避けたいのが本音ですが完璧には現代では無理です。今できる範囲で食べ物を選ぶ姿勢が大事だと思います。