こんにちは ^_^ スーパーの店員です。
最近のマイブームはキングコング西野亮廣でして、魔法のコンパスって本も読んだし、会議を見せるTVとか本当面白くてハマっております。
10年前からひな壇芸人は危ないと感じて、別の道を探っていたとのこと。お笑いの世界だと、ビートたけしさんや明石家さんまさん、タモリさんだとか大御所がずっと上にいますよね。テレビ番組もそこ中心につくられてます。つまり若手は一生若手扱いされて、いつまでも大御所の方からひな壇でいじられ続けるのが仕事になっていくって事を見抜いていたんですね。
確かに最近さんま御殿見ても結構いい歳の芸人がいじられたり、ネタ振りされたりしてますね。恋のから騒ぎレベルの話なら素人でもいい仕事すると思いますけど。と恋から世代の私などは思ってしまいます。恋からも台本だったって言われてますけど、ひな壇番組的には十分面白かったと思います。
今はNGKで漫才の仕事しながら、絵本作家したり、おとぎ町って自分で開墾して町作りしようとしたり、本当にやりたい事やってるなーって感じです。10年前から模索していたそうですから、そりゃ後指を指されたと思いますけど、新しいことしようとしてる人を見ると世間は冷たい目で見るんですよね。
西野さんのやり方参考にすると、スーパーの仕事もお客様参加型にして品揃えも決めてもらったらいいですよね。ベーシックな品揃えはキチンとして、2割くらいをお客様の希望の品揃えをしてもらいたいです。ネットで使ってこれ置いて欲しいって商品をアップして、いいね!が一番多い順から入れていく。3ヶ月スパンくらいでやるとか。「私が仕入れた商品が売ってる 」ってなると店に行くのも楽しくならないですか?今だとハロウィンなので売り場演出をお客様参加でやるとか。経費は店負担で上限決めて。これも「私が作った売場」って思いが生まれて絶対店に来ますよね。クリスマスとかもそう。実は演出って大変でそこまでやってられないのが現状だし、センスのあるなしも関係してくるんですよね。
お客様参加型のスーパー面白くないかなー❓