スーパーの店員の本音のブログ

スーパーの店員が仕事のことから日々学んだこと、思った事、とんでも客の事、趣味の事、漫画の事、転職の事を書く要するに雑記ブログです。

カテゴリ: 学生時代

こんにちは(^_^)スーパーの店員です。

先日昔からの友人と飲みに行ってきましたが、その友人は昔からなかなかの浪費家で、本当に宵越しの金は持ってない人でした。おそらく自分が月いくら使っているかなど、どうでもいいようです。

今は結婚して子供もいるのですが、家計は完全に奥さんが握っており、月2万の小遣い制でなんとかやってるそうです。おそらく、学生時代に増して自分がいくら使ってるか知らないでしょう。

私が
「スマホ料金は格安SIMにすると月々1500円になるよ。使い勝手は別に変わらないよ」
と言うと
友「格安SIM?何それ❓俺はずっとDOCOMOだから、ポイントもあるし」
といった具合だ。

節約することにまるで興味がないのだ。

昔から食事にお金をめちゃくちゃ使う人で、ほとんど外食。エンゲル係数激高なやつだった。

この人にラテマネーを節約したら月々1万円浮くとか本当にどうでもいいでしょう。

結論としては、昔から浪費家な人は結構な確率でおっさんになっても浪費家だということ。もし変わるのしとたら人生を変えるくらいの大事件に遭遇するくらいしないと変わらないでしょう。




こんにちは(^_^)スーパーの店員です。

元非リア大学生だった私が今思う新入生の過ごし方を考えてみました。

大学って希薄な人間関係だよね。

誰もがゼロからの人間関係になる。学部が同じでも最初の頃は授業もバラバラで、固定の人と過ごすことがほぼ無いでしょう。そのなかで気の合う友達を作るのは至難の技だ。高校生より孤独を感じる事が多いと思うが、それはみんな同じなので悲観することじゃあない。

と思っていたら甘い❗スクールカーストってあるでしょ?大学生もしばらくしたらグループが生まれ、カーストみたいなものが形成される。なので自由度は高いが結局学校似た感じになるのだ。

1つ違うのは、ぼっちでも誰も気にしないってことだ。高校や中学でぼっちだと周りの目が結構キツイが、大学だとほぼ無い。ぼっちはぼっちでいさせてくれるので気にする事は無いのだ。

ただ、学校に通うだけでは友達ができ難い事が分かっただろう。
なので何かに所属する事が一番大事だと私は思う。

それはサークルでも部活でもボランティアでもアルバイトでもなんでもいいが、必ず四年間続けて行ける所を4月のうちに見つけて入らなければならない。勿論、2年から入っても全然問題無い。誰も気にしていない。

私は部活とアルバイトと学生寮に拠り所があったが、通常の学部の授業はほとんどぼっちだった。いつも教室でコンビニ菓子パン食ってたし、学食のあのガヤガヤした感じが苦手で全く行かなかった。

新歓の時期はとにかく新歓コンパに行って所属する所もうすぐを決めるのが良いでしょう。大丈夫!新歓に参加した人など誰も覚えてないから。行きたい所片っ端から行けばいいのだ。私は余り行かなかったので後悔してる。
ただ、行っても薄っぺらな人間関係しか出来ないと思うのは私だけだろうか❓やみくもに話しかけるよりも、共通の趣味や話題を持っている人は見つけることの方が大事。

こんにちは(^_^)スーパーの店員です。

趣味でジョギングしているのですが、冬場は専ら体育館で走ってます。

先日いつものように走りに行ったのですが、大学のサークル❓かどうかわかりませんが男女が入り交じってバレーボールをしていました。それも全然試合という感じでなく、勝ち負け関係無しの馴れ馴れした感じのやつでした。私が馴染めない部類のやつです。

馴れ合いサークルってありますよね?要するにガチンコじゃなくて男女が馴れ馴れしながらスポーツをするサークルの事です。バレー、バスケ、バドミントンなど、勝敗ではなくスポーツを楽しむことを目的にしているのが特徴のやつ。そしてスポーツよりも飲み会がメインとなっており、お持ち帰りをする事が最大の目的となっている軟派サークルのことだ。

大学に限らず、社会人でも多数存在するサークルだが、私は全く馴染めない体質だった。

そもそもオリンピックをはじめ、スポーツは勝ち負けがあり、勝つことで喜びを得るものだとずっと思っていた。受験もそうだよね。

だがしかし大学に行ったとたんにそんな馴れ合いサークルがうようよいたのだ。私は学生寮におり寮にもそんなサークルがあったので行ったことはある。しかし私のようなコミュ障が行っていい所ではなかった。リア充の巣窟だったわけだ。私は全く馴染めず1回でやめた。

常に「勝つためにどうしたらいいか」考えてしまう私にとって、勝ちにいったら先輩から「もっと楽しめよ❗」と怒られて女子にはドン引きされる空間は苦痛でしかなかった。

そんな経験から、私は人と違うのだと思い始めた。皆さんはどうですか?寮では馴れ合いが多数派でした。私のような人間は少数派なのでしょうか❓

馴れ合いサークルでも婚活パーティーでも結局はコミュ力の高いイケメンから彼女が出来ていき、コミュ障はキモいやつ扱いされて最後まで残る運命だから別に馴染めなくても全然良かったけどね。(-_-)/~~~








こんにちは(^_^)スーパーの店員です。

IMG_3257

学生時代を昭和の生き残りのような寮で過ごしました。コミュ障な私にしては、強制的に仲間が出来る感じが居心地良かったです。どんなやつでも居場所がある、同じような価値観のやつがいる。学校や会社だとちょっとコミュ障だったり不細工だったりしたら居場所が無くなり隅に追いやられるでしょ?スクールカーストが低くなる。学生寮はそうならなかった。寧ろ「こんなやつもいるんだ❗」と、価値観を認められていた。

これって今流行りのダイバーシティとかいう考え方でないすか❓多様な人種、性別、性格を認め、それぞれに合った働き方をするというやつだ。

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価値観などの多様性を受け入れ、広く人材を活用することで生産性を高めようとするマネジメントについていう。
学校や会社といったコミュニティでは、皆なるべく同じって事が重要視され、勉強、スポーツ、音楽、コミュ力、言語、芸術、イケメン、可愛い、それぞれに特出した才能は脚光を浴びる。だが、マイノリティなオタク文化、二次元、デブやチビなど平均を逸脱した見た目の人は相手にされないか、気持ち悪い物扱いされていないだろうか❓今この瞬間もだ。

学生寮ではそんな多様な才能が受け入れられていた。邪険にすることなく。皆が自分の個性を伸び伸びと引き出していた。不細工だろうがコミュ障だろうが、同じ釜の飯を食べ、風呂に一緒に入れば、皆同じ人間だと言うことが分かるのだ。






こんにちは(^_^)スーパーの店員です。

IMG_3257


学生時代の事をふと思いだしました。昭和の生き残りみたいな学生寮で大学を過ごしました。男200人が共同生活をしてました。男200人もいれば、イケメンもいればオタクもおり、スポーツ好き、音楽好き、ダンス好き、パソコン好き、留年して6年くらい学校に行くやつ、麻雀好き、ゲーム好き、本当に色んなやつがおり、色んな才能がありました。

そんな男子寮での飲み会は壮絶を極めます。飲み会は買い出しに行き、20人くらいで割り勘するので1500円もだせばかなり買えるし、酒もビール、チューハイ、日本酒、ワイン、ウイスキーと一通り安いやつで揃えます。

私はそんな飲み会を重ねてゲロの吐き方を覚えました。そうしないと次の日二日酔いが半端なくつらいのと、吐くとスッキリしてまた飲めるようになることが分かったからだ。かといって無理して吐くことはないのでほどほどが一番なんですが、飲み方を知らない学生には加減がないのです。

飲み会の日はゲロ対策でトイレや洗面所に新聞紙が敷き詰めてある。やみくもに流すと詰まるからだ。

寮生には吐くことがスタンダードになっていた。ヤバいと思ったら吐く。自己管理だ。吐かずに寝て寝ゲロしたやつのフォローも徹底している。本当にヤバいやつは先輩が口に手を突っ込んで吐かせるなど、今思えば怖い事もしていた。記憶飛ばして寝た時、朝起きたら必ず新聞紙が顔の下にひいてあった。自己管理が出来た人が、飲み潰れた人をフォローする。ちゃんとした信頼関係があったのだ。

アルハラが毎年問題になっている。どんなに飲んでもちゃんとフォローする役がいて、なおかつ自分もヤバいと思ったら吐くなどの自己防衛が必要だ。日本酒だと嘘ついて水を飲むとか、飲み会を生き抜く為には様々なノウハウが必要なのだ。


こんにちは (^_^) スーパーの店員です。

ゴールデンウイークも当然仕事だー。まあどこ行ってもリア充がBBQしたりキャンプしたりしてるだけでしょーし、コミュ症で引きこもりの筆者には全く無関係だわ。

リア充ってホント群れますよね〜。あれなんなんだろ。学生時代も不思議に思ってました。私ときたらどちらかというと1人が好きでした。ぼっち飯も普通でしたし、むしろ数人で食べる方が気使って無理でした。




ちなみに孤独が好きとか言っときながら学生寮にいたので人付き合いはありましたし、みんなでどっか行くとか飲みに行くとか一通りはやってますし、サークルにもいたので学内でも色々ありました。バイトもしてました。そんな環境の中で気付いたんですね。私は普通の人とちょっと違うと。

社会に出てからは、1人でロックフェス行ったり伊勢神宮行ったり富士山行ったり宮島行ったり水族館行ったり居酒屋行ったりまあ単独行動が大好き。今は行って無いけどパチンコ、競馬、競艇も1人になれて楽しかったね!

飲みに行くのも大人数より2人〜4人で限界。よく「女っ気が無いと楽しくないだろー」とか言って無理やり女性を呼んで人数増やそうとするヤツ。女っ気あった方が楽しいっていう価値観が普遍的だと思ってるヤツ。この時点でもう合わないので帰りたくなる。女っ気あろうとなかろうと得るものの無い飲み会に行かないと先日キッパリと決めました❗️

というのも騒ぐだけの飲み会のまあ時間の無駄感が半端無い。自分が繋がりたい人とのコネクションになるとか、価値観が近い人に更に刺激をもらうとか、価値観が違う人にも刺激をもらうなど、何か自分にとってプラスになる物を得て帰りたいですよ。騒いで愚痴とか悪口ばっか言ってる飲み会は完全シャットアウトしました。まあ元々誘いなど来ないですがねー。誘いって断るごとに減っていくよねー。

リア充って定義がよく分かりませんが、孤独だと充実出来ないのでしょうか?多分マスコミが理想のリア充像を流しまくって洗脳してるから「こうしなきゃいけないんだ((((;゚Д゚)))))))」ってなるんでしょう。例えばクリスマスは2人でうんたらかんたらとか、バレンタインチョコはどうたらこうたら… 別に自分のしたい事すればいいと思うよー。という鋼の意思を持ってると強くなれるよね(^ ^)
これが現実だ❗️


こんにちは (^。^) スーパーの店員です。

学生時代の寮の事を思い出すとシェアリングエコノミーに興味が湧いてきちゃいました。

学生寮では米が無くなったら米貸してとか言って隣の人から借りたし、学校も車持ってる人に乗り合いで行ったし、原付も貸した事ありました。まあミラー壊れて返ってきましたが

週刊誌もシェアしてました。ジャンプ、マガジン、サンデー、ヤンジャン、ヤンマガくらいなら何処かに行けば必ず一冊はあります。ゴミ置場に捨ててあったりするので普通にそこから持ってって、読んだらまた捨てる→誰かが持ってく…のループですね。

カレーとか1人で食べきれないメニューを作った時は山分けとかしてましたね。ご飯だけ炊いてカレーもらうとか。後日自分がカレー作った時はお裾分けするとか。そんなんしてました。みんなで鍋とかは定番でしたね。飲み会もコストが安かったなー。

今思えばプリンターもシェアすればよかったのですが、どうしてもレポートとか多くなってくると借りてばっかりも悪くなって買ってしまいました。まあ最後まで持ってない奴いましたね。うまくやればプリンターは買う必要無いです。

卒業、入学シーズンには、いらなくなった物が集められ、後輩や新入生に分配されていきます。リサイクルストアとか行かなくても大概の物が揃います。私が乗ってた原付も15万キロは走ってたと思います。私の代でお役ご免になりましたが。

物を大事にってこういう事だなーと改めて思います。ダメになるまで使い倒して、壊れてもまだ使える所は使う。かたや買え買えと消費を煽る政府、大企業。物を大事にされたら売れなくなって困るからって買い替える事がいいと洗脳されてきた人達。

本当に物を大事にするのならシェアして物の使用率を高める事。AIRbnbやアキッパなどそんな発想のビジネスがどんどん出てきてます。スーパーって地域に根ざした商売だし、地域住民の役に立ってなんぼだと思います。お客様同士で不要になった物の情報交換又は物々交換する場所の提供とかどうすか?公民館的な役割果たしてもいいんじゃないでしょうか。どうせこれからテナントの退去とかで歯抜けになってくんだし。従業員も余ってくるし、その情報と物の管理すればいいんでない?勿論無料サービスにして、利用していただいたお客様にはエコチケットを渡して50円引きになるとか。そしたらスーパーで買い物してくれるでしょ。

今時タダでお客様来てもらえるなんて甘ったるい考えは捨ててこちらからも与えて与えてやっと来ていただける時代になりますよ。地域の皆様の不の解消をいかに与えられるかが鍵ですね

こんにちは(^ν^)スーパーの店員です。

最近になってもう1◯年も前に卒業した大学の学生寮を思い出します。初めて見た時はここに人住んでんの?と思った物です。何せ外観から明らかに窓割れた所にダンボール貼ってあるわ、植物のつるが全体を覆ってるわ、建物は築4◯年物で相部屋だったし。まさに昭和の生き残りみたいな寮でした。ですが住んでみるとなんて事ない。全然普通に住めます。住めば都です。
たまたま写真持ってました。まあー凄い外観だ。

なぜ最近思い出すかというと、この寮はほとんどの物がシェアされる事によって生活コストが非常に安かったのです。

例えば家賃は水、光熱費込みで8000〜1万円でした。会計のひと曰くこれでもお釣りが来てたらしいですから驚きです。200人でシェアすればこうなる訳です。

それに比べて今住んでる一軒家はどうですか?オール電化の電気代だけで15000円はかかりますよ。それにローンとか乗っかるし。何て高コストなんだろう。と最近思うのです。でもこれが当たり前と思わされて来た上の世代の方は何とも思わないでしょうし、こんな事周りの人がに言っても理解されないかも。

寮でシェアされていた物。
風呂、トイレ、キッチン、調理器具、調味料、冷蔵庫、洗濯機、レンジ、あと遊び場としてゲーム機、麻雀、漫画などなど。良く漫画を他の階の人に借りて読んでたものです。

で思うのですが、滅多に使わないけど無いと不便な物ありませんか?例えばインパクトドライバーとか高価で手が出ないのですが、ちょっとした日曜大工やタイヤ交換にも使えてあれば便利です。草刈機も一家でもつにはそんなに使わないし買うには勿体無い。

そんな物を地域のコミュニティでシェアできたら生活はもっと豊かになるし、生活コストも下がると思うのです。あくまでも近所の人で何か眠ってる物で構わないのですが、そんな物を集めてシェアリングエコノミーできたらいいなと漠然と考えてます。


↑このページのトップヘ